私が引っ越しをしたとき

住もうとしていた町は都市に出やすい立地で、住宅も多く住みやすい土地だったので家賃は高め。 でも2人が育った町だったので、予算が厳しい中物件探しをし始めました。 引っ越しの多い春前は、物件も少なく交渉もしにくいと聞いていたので、 時期はもっと早くか遅くかにしたかったのですが、諸事情で12月から物件を探し始めることに。 小さな引越しの時とは違って段取りには気をつけました。

不動産屋に行くと、やはり思っていた通りかなりの人でした。 しばらく待ってやっと順番。私たちの担当になったOさんは、 私たちと2人と同い年で(26歳)親近感を持ってくれたらしく、 私たちの無理な要望にできるだけ答えようと、とても努力してくださいました。 「家賃7.5万で2DK以上!築浅の駅まで徒歩20分以内!駐車場こみ!」それでもやはり、 この条件で7.5万はかなり厳しいとのことで、 最低どれか一つは妥協しないと無理とのことでした。

とりあえずOさんおすすめの2つにしぼり見に行ってみることに。 一つは駅から徒歩30分以外はほぼ条件通りの物件。 きれいで物件自体は良かったんですが、駅から遠く、スーパーなども遠かったので、 ん・・・て感じでした。 2つめは条件はすべてクリアだけれど、家賃が8.5万、予算より1万超えの物件でした。 3LDK、築7年、駅から20分、スーパー5分、駐車場込み!中もきれいで、 思わず『素敵!ここがいい』と叫んでしまいました。

が、問題は家賃。結婚後も共働きの予定でしたが、式もまだ、 貯金も式でなくなってしまうくらいしかなかったので、やはり1万オーバーは厳しい。 そんな様子を見ていたOさんは、 「わかりました、ちょっと交渉してみましょう!同い年なんで気持ちわかるんで、協力しますよ!」 といってくれ、オーナーに電話をしてくれました。 すると「やはりほっといても人のくるいい物件なので、予算通りは厳しいみたいです。 8万までが限界でした。敷金礼金も少し下げてもらえますが」とのことでした。

不動産屋に戻り、+0.5万か・・・と2人で話し合っていると、 「仲介手数料は最低金額の○○でいいです。(かなり減りました)ここの料金もゼロでいいですよ」 と不動産側にかかる費用も下げてくれました。 よく見てると26歳と若かったですが、Oさんは店長だったようで、 お金のことで自分の裁量で任されている額が他の社員より多いとのことでした。 (これは不動産関係の友人にあとから聞いたことですが)+0.5万は少し痛かったけど、 納得のいく物件に巡り会え、担当のOさんもとてもよくしてくださったので、 そこに住むことに決めました。今もそこに住んでいますが、住み心地もよく満足しています。 ただ、やっぱり家賃の+0.5万はあとあと響いてきます。

横浜市から北海道の長距離引越し

主人の転職に伴い、住み慣れた神奈川県横浜市から北海道の日高地方へ家族4人引越しをすることになりました。 横浜市ではマンションに住み、同じマンションに10年間暮らしていたため、不要な荷物もかなり増えていたということもあり、この際不要なものはしっかりと処分をしながら、必要なものだけを北海道へ持って行こうと考えました。

この引越しはすべて自費でまかなわなければならなかったので、引越し業者選びも中身より値段を重視して選ぶ必要がありました。横浜市から北海道と言う長距離の引越しであったので、相当金額がかかるかと覚悟しておりましたが、思いのほか価格を抑えることができたため、その辺はありがたかったです。

我が家のような長距離引越しでは、荷物の輸送方法として通常のトラック輸送に加えて、JR貨物を使っての鉄道輸送が選択できます。 場所によっては鉄道輸送の方が費用が抑えられると言う内容でしたが、鉄道輸送の場合はどうしてもトラックとは違い荷物が長時間線路の上を走ることでの振動によるダメージを受けてしまうというリスクがあるため、今回はトラック輸送でお願いすることになりました。

長距離ということもあり中一日かかり無事に荷物は北海道に到着しました。 季節が春先だったということもあり、横浜市に比べてものすごく気温の低い北海道での荷物の積み下ろしはとても大変であったと思います。トラックの荷台に積んでもらった観葉植物の葉も、輸送の間での寒さによってすっかり黄色に変色していました。

荷物を積み下ろしているときには大きな掃き出し窓や、玄関を開けたままにしておかなければならなかったため、室内の寒さは想像を絶する寒さでしたが無事に横浜市からの長距離引越しを終えることができたということでとても安心しました。

横浜市から福岡市に長距離の引越し

引っ越してきて早1年が経ちました。早いもんです。ただ、あの横浜市の高級感あふれる感じ・・・というか高級感漂わせてるあの人々が忘れられないといのも確かにあります。本当に、たまに神奈川県横浜市××に帰りたいと思うこともあります。 しかし、そんなことをいつでも言ってられないので、福岡市と横浜市の違いを ご紹介します。

福岡市に引っ越してきて、横浜市とは違うと思うことは、まず食べ物が安いことです。なおかつうまいです。安くて、美味いのでコストパフォーマスは日本で一番なのではないかと思ってます。 長距離ですが福岡に引っ越してきて、一番良かったと思うのは、やはり福岡の味にふれた時が 圧倒的に多いですね。まあ横浜市でも、安くておいしい料理もありましたが・・・・。次は、家賃が安いです。

転勤になり引越しが決まった際に家を探したのですが、横浜市では絶対借りられないような 金額で4LDKを借りることができます。ですから、本当に引っ越しするまでは、不動産の人に何回も確認してました。 「ここで何か事件とか遭ったのですか?事件があったような事故物件は嫌ですよ。そういう所に住むぐらいなら絶対に少しでも高い金額の所に住みますので、そっちを紹介してください」 不動産屋さんも、すごい困った顔してましたが、福岡市では、これが相場だと何度も説明してくれました。 横浜市のような都会ではないからと・・・・。 まあ横浜市もそんなに、都会ではないですが・・・。

そんなこんながあって、只今、長距離の引っ越しをしてきて福岡市にいますが、そこそこ楽しんでいます。 横浜市に比べると東京が近いわけでもないので、田舎ですが。私は凄い好きです。近々転勤がなければいいですが。

大阪から横浜市への長距離の引越し

引越しする前は、大阪の東大阪市に住んでいました。東大阪市は居駒山のふもとに位置しています。 生駒山とは大阪と奈良の境に位置していて、東大阪の汚れた大気汚染が抜けない原因と言われています。 東大阪市は中小の工場が多く、また環状道路も多く通っていますので、あまり空気が良い場所ではありませんでした。

大気汚染のせいか子供が風邪気味になり、診断の結果小児ぜんそくである事が分かりました。治療に通ってもなかなか良くなりません。 仕事の関係で東大阪に住んでいましたが、思いっ切って転居の願いを申し出たところ、運よく転勤できる事になり横浜市へ長距離の引越しすることになりました。

新しい職場は東京都からでも通勤が可能でしたが、神奈川県横浜市に長距離の引越しすることに決めたのは次の理由からです。 理由1 私と妻の実家への距離を考えた場合、横浜がちょうど真ん中だった事が横浜市に引越しすることに決めた理由の一つです。 子供が二人いて年齢が小さかったので、一人が入院してしまうと母親も一緒に入院しなければなりません。 そうなると残された子供の面倒を見てもらうために私か妻の実家の母親に子守りを頼まなければなりません。 実家の母親にも生活がありますので、距離が近くないと無理が生じてしまうのです。

理由2 横浜市には当時ぜんそくの専門病院がありました。 こどものぜんそくの治療が第一の目標でしたので、とにかく近くに良い病院があって、急な発作にもすぐに対応できる事が引越し場所の条件としては重要でした。 横浜市に長距離の引越しをしたおかげで子供の小児ぜんそくは直りました。