便秘解消=規則正しい食生活+α

お通じが悪いというのは、普段の生活に大きな負担をかけます。わたしもその時の体調の具合によって、便秘がひどい時もあれば、軽い時もあったりします。しかしどちらにも共通したことは、その時の不規則な生活と食生活でした。

まず、夜遅くまで起きたり(起きざるを得ない時も)休日もお昼過ぎに起きたり、適度な運動を怠ってしまったり。この生活リズムが、生活の怠惰さのサイクルを生んでしまい、そこから食生活の乱れも生まれました。まず忙しいということにかまけて、ササッとコンビニめしですませてしまったり、すると食物繊維やビタミンが入った野菜類の不足した食事になってしまい、便通の不調を引き起こします。

また食事のバランスに目が行き届かなくなると、摂取すべきもの、特に乳製品などをとることを怠ってしまい、便秘になったと気づいたときには、そういえば最近ヨーグルト食べていなかったなぁ、と同時に気づくことも多々ありました。

つまり、お通じの改善は、本当に”規則正しい生活と食事”に尽きると身をもって実感しました。またプラスアルファとして、やってみて良かったと思ったことは、寝る前に骨盤を意識してストレッチをすること、そして普段の生活における正しい姿勢を心がけることです。ストレッチは、身体のゆがみを直すと当時に、お腹まわりをほぐしてくれ、便通が規則正しくなったような気がしました。

私がしていたのは、片足を直角に曲げ上にのばし、そのまま反対側の足の方へ倒し、身体はうつぶせのままキープするものです。もう片方の足も同じポーズで、数回繰り返します。普段の姿勢も同じく、背骨がまがるとお腹も出てしまい、お腹周りの筋肉も衰えてしまいます。一日中正しい姿勢をキープすると、かなりの運動量にも相当すると思うので、これからも心がけたいと思います。乳酸菌サプリ 効果